2009年06月15日

Geddyのインタビュー記事

ちょっと私用でGeddy情報を検索したら、
R30時代のインタビュー記事を発見した。

このサイト知らないけど、
(ゲーム、ゲーマーのポータルサイトみたい)
読んでみて面白かった。
RUSH人気が窺えるというものです。
http://www.ugo.com/channels/music/features/rush/geddylee.asp

興味を引かれたのは、
インタビュー中にGeddyの口から「Japan」という言葉が出てくること。
ま、読んでみてください。

他にもNeil師匠のインタビューもあった。

posted by snowdog at 17:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 情報・ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

Dreamline(詩その2)

He's got a star map of Hollywood
A list of cheap motels
All along the freeway
She's got a sister out in Vegas
The promise of a decent job
Far away from her hometown


続きを読む
posted by snowdog at 16:35| Comment(2) | TrackBack(0) | Roll The Bones | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

Dreamline(詩その1)

この歌詞で何となく引っかかるのは、
題名である「dreamline」と「eagle's cry」。

色々と調べてみましたが、
前者はNeil師匠の造語である可能性が高いということと、
後者については資料が少ないけど慣用的に使われる表現だということです。

eagle's cry についてはトーマス・ジェファーソンを含むアメリカの政治的創世記について同名の小説が1800年初頭に出版されたことくらいしか情報がありません。

歌詞とも連動しますが、孤独な感じを匂わせています。
(トマス・ジェファーソンは孤高の大統領というイメージがあります)

追走しますが、鶴の一声、とか、スワンソングのような独特な意味を持っていそうです。続きを読む
posted by snowdog at 18:22| Comment(2) | TrackBack(0) | Roll The Bones | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

やばいよ、ワーナーさん^^

Retorospective 3国内盤を買い忘れてて、アマゾンでブラブラしてたら・・・

おおおお!なんとぉSHM-CD紙ジャケで旧作が発売になるじゃないですか!!
「閃光のラッシュ」〜「Hold Your Fire」までですけど!

嬉しいねぇ、ワーナー様(T-T)

とりあえず、「閃光」〜「抱擁」までは買います^^;
発売予定は6月10日〜24日か。

にわかに活気付いてます。RUSH。

というかアマゾンの商品説明見ると、
Japanese only paper sleeve SHM pressing.

って書いてあるんだけど、日本限定発売?
大人買いな予感^^;


ん?おわー!ワーナーさん、こんなキャンペーンやってます(@@;)
http://www.wmg.jp/artist/rush/news.html#24024

持ってるけど買うかな、レトロ1と2も^^;

posted by snowdog at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

Snakes&Arrows LIVE DVD見るべし!!

このDVD凄いです。
昨夜、一気に本編を見ました。

すげーこれ。
CDが先行発売になった意図もなんとなく頷けます。

細かいネタバレ的感想は後日に譲るとして2点だけ。

(1)音について
音質とミックスが「半端ねぇ」です。
CDとDVDの発売の時間差はかなり意図的だと想像します。

ドラムの生音感、ベースの音圧と生々しさ、ギターのハム然とした乾いてるのに艶やかな音色、
そして全体のバランス。

これライブ会場のノリです。紛れもなく。
見終わってVTツアーのライブを体験した時と同じような「心地よい疲れ(あるいは(放心)」に襲われました。
それくらい音の迫力と鮮明さが凄いです

意図的だと思うと言ったのは、

RIRはある意味、当日のトラブルもあって「一発録音」の荒さが一種の売りで、
(復活の記念碑的な映像でもあるので、その「荒さ」がRIRの持ち味とも言えます)

続く、R30はライブショーとしてのドラマ性に重きがあったように思うんですね。
出音の感じも「A Show Of Hands」ライブと似た感じで、基本ラインに薄くホールトップの音を混ぜつつもサウンドボードの質感で再現されてました。

で、今回のSnakes&Arrows Liveですが、CDを聴いた時に直感的に「現代版 神話大全」みたいだなって思ったんですよ。
(個人的には昔のライブアルバムのホール感が好きなのでハードリピートしてしまってます。笑)

そしたら、何と!!
CDと違うじゃないすか!DVD!
DVDの方が数段、迫力もニュアンスも良質になっています。

感じとしてはライブ会場のメインスピーカー状態と言えばいいでしょうか。
ちょっと押し合いへし合いしてるんだけど、個々の粒はしっかりミックスされて全体の音圧をマックスにしたような感じ。
とにかく凄い!!

これはメンバーの創意が相当働いていると思うんですよ。
このDVDは今までと違う感じで行こうぜ!って
だから、CD発売より後発にしたのは、CDミックスをベースに更にライブ感を出すための更なるミックスダウンとイコライジングに時間をかけたかったのではないかな、と。

RIRも、R30もCD制作されていますが、いずれもDVDと音のバランスとかは変わりません。
ここでいっちょやったるか!って気概があったのではないか、と想像してます。
個々の演奏能力の凄みも細かいところまで聞き取れますしね・・・


(2)映像
RIRはソースを思う存分突っ込んで、ちょっと急がし目のカット編集がされてて、
R30はステージ全体の進行を伝える演出だったと思うのですね、ドキュメンタリー映画みたいに。

このSnakes&Arrowsはライブ感重視で、カットのスピードが割りとゆっくり目で、
正にライブ会場での目移り程度にバランスされています。
つまり、アンサンブルに没頭できる自然な感じ・・・

カメラワークや画面における人物の大きさの割合とかが、
Front Row(最前列)で見てるかのように演出されていると感じました。
「神話大全」的な部分と全体のバランスを更にドラマチックに切替えて絶妙な進行です。

(これわざと「神話大全」と同じカメラワークやフレーム抜きしてるかも、パロディみたいに。っていうカットが実際にあって笑ったりしましたけど。タムの裏側からNeil師匠を撮影するとか^^)


(1)+(2)=RUSHのコンサートそのものを楽しめる

そういうことです。
このDVDは迷うことなく体験しましょう!!


あー!これライブハウスとか借りてデカイ音で見たいな!!
限りなくRUSHのライブを疑似体験できると思うよ。

10人くらい集められないかな・・・
いや、10人と言わず(笑)
mixiにトピ立てるか!


それにしてもGeddyのプレイはんぱね(@@;)
絶対見た方がいいよ、これ。まぢ


posted by snowdog at 15:14| Comment(3) | TrackBack(0) | Snakes&Arrows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

Retorospective 3国内盤!

retro3.jpgARIGAさんから教えていただきました!
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3512778

うーん、けっこう好みな選曲(けっこう渋くないすか?)。

1 One Little Victory (remix)
2 Dreamline
3 Workin' Them Angels
4 Presto
5 Bravado
6 Driven
7 The Pass
8 Animate
9 Roll the Bones
10 Ghost of a Chance (live)
11 Nobody's Hero
12 Leave That Thing Alone
13 Earthshine (remix)
14 Far Cry

曲順もいい感じです。国内盤はDVDがオマケで付いてるようですが、
ソースはなんなんだろうなぁ・・・
S&A LIVE DVD は直前に発売になるし、謎だ?

つか、ワーナーミュージックジャパンなん?


楽しみだな、Remix。
Retorospectiveシリーズはジャケットがいいんだよな。
今回も展覧会系なんだけど、
FEEDBACKが手前に置いてあって飾られてないっていうユーモア最強^^

けっこういい値段だから、またAmazonが飛ばしてくれるといいな(笑)
posted by snowdog at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報・ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

出るじゃん国内盤Snakes&Arrows Live DVD

トースケさんからのコメントで知りました!

あんだよ、ビクターさん企業秘密かよ?(笑)
たかだか1週間前くらいの問合せのときは「発売予定無い」とか言ってたのに・・・

ま、よしとして^^;


1月21日発売予定です。
6300円。

今までのDVDの中じゃ一番安い値付けですね・・・

相変わらずAmazonが瞬間最大風速な風を吹かせてます(笑)


トースケさんがご紹介してくださったサイトに書いてあった「Songs for Tibet」。

こっちも気になるな。演目は「Hope」なんだけど・・・
RUSHの意思に賛同して買うこと確定^^


Retorospective 3・・・
これも国内盤発売を祈念します(−人−)
posted by snowdog at 15:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 情報・ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

「Snakes&Arrows Live」DVD 国内盤のこと

なんかRIRの再販って何でだろう??
って思ったのでビクターにメールしたら返事が来ました。



> Snowdog 様
>
> 平素よりビクターエンタテインメント株式会社ならびに弊社商品をご愛顧頂き、誠
にありがとうございます。
> こちらはお客様相談室でございます。
>
> お問合せ頂きました「RUSH/Snakes&Arrows Live」につきまして、
> 現在のところ具体的なリリース予定は、残念ながらございませんが、
> 是非今後の制作の参考にさせて頂きます。
> この度は貴重なご意見を頂き、誠にありがとうございます。
>
> 今後ともラッシュならびに弊社製品をご愛顧くださいますよう、よろしくお願
> い申し上げます。
>
>
> >ご記入欄:
> > ご担当者 様北米で発売されたRUSHの「Snakes&Arrows Live」DVDは日本国内盤の
発売は
> >いつ頃になるのでしょうか?予定だけでも分ればご教示ください。よろしくお願
い申し
> >上げます。
>
> ビクターエンタテインメント株式会社
> お客様相談室


うーん、これは現状「Snakes&Arrows Live」DVDの発売は無い、
っつーことですね・・・

何だろ、激安にして再販したRIRの購入状況で市場調査でもするつもりなんだろか・・・

とりあえず字幕作成もしてないようなので、
Backstage Clubで発注することにします・・・
(リージョン安心だし)

うーん、DVDだけじゃ送料もったいないから、
また色んなものを購入しそうな予感^^;





posted by snowdog at 12:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報・ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

RUSH IN RIO 激安になったの何故?

S&A のライブDVD情報を漁ってたら、
ラッシュ・イン・リオの価格がリバイスで再販!
なんでや?

3000円って・・・
更に値引きするアマゾンって・・・(笑)

中身同じにしか思えない・・・
初回限定生産ってなんじゃ?
もう1つ予備に買っておくか^^


posted by snowdog at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

Snakes & Arrows Live DVD Release Date

The Snakes & Arrows Live DVD will be released on November 25th in standard DVD format and Blu-ray Disc. Please visit www.rush.com for more details.

こんな短いDMだけど^^;
きたね

ま、あくまでも欧米系の発売なので、
本邦でのリリースは・・・予想では1月だな、たぶん
気長に待つことにしましょう


・・・
さっきYoutubeでS&A TOURのブート映像見てて思ったんですが、
CircumstancesでGeddyはスルーレッドのJAZZ BASS弾いてますね、
んでもってALEXも黒のレスポ

この組合せは「2112」セッティングですね。
1音落としに変調してるのかな?

更に気になるのは、この曲は展開でシンセが主旋律を取りますが、
わざわざ調を変えているとも思えなく、
キートランスポーズで対処してそうな予感^^

Neilのシロフォンサウンドは音源設定の問題だからこれも、
パッドの設定で対処してそうな感じ

つまり弾く位置は原曲のまま、ギター・ベース同様に。

やってくれるだけで嬉しい曲なので、
こういうアプローチもしてくれるRUSHに感謝です!
posted by snowdog at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Rush.com mail | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。