2007年03月16日

FAR CRY

かっこいい聴いてみました。
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
かっこいい!

音楽が明るくなるような予想をしていたのですが、
ここまで突き抜けるとは想像を超えていました、RUSH。

RUSHフォロワーバンドが号泣しそうな導入のタイトなリフと変拍子。
疾走感といいますか、クルージングといいますか、
車の運転中には注意が必要な感じの曲です。

でもですね、若さというかやんちゃなドライブ感で走りきらずに、
独特な空間を持った「落とし」への展開など、

もしかしてインスト?
と思わせるようなスリリングな抑揚で聴衆を惹きつける編曲力と不思議な精神性はリアルRUSH(現時点的に究極化するRUSH MUSIC or SOUNDの顕在)ならではの醍醐味です。

・・・
私的に特筆したいのは緻密なリフに乗っかったメロディラインですね。

FEEDBACKへの挑戦が巧い具合に生かされているように感じずにはいられません。

メロディの懐かしさというか優しさが、前時代的な安息を持った旋律とハーモニー(コーラス)が強烈なバッキングの上にあるということです。
(逆にバッキングはヘンテコなのに歌の聴き心地は妙に安心できる、みたいな)


・・・
実はVTから5年が経とうとしているわけで、
孤高だとか無類のとか言われ続けたRUSHでありますが、

「FAR CRY」を聴くとRUSHが既成の音楽ジャンルに全く分類できない域に達した感があります。

到達というよりも、R31だからこそできる現時点的音楽観の具現とでもいいますか・・・

アルバムの発売が待ち遠しい限りです。
posted by snowdog at 00:51| Comment(2) | TrackBack(0) | Snakes&Arrows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振りです、一体どうしたのかとヤキモキしておりましたが、復活ですね。お忙しかったのですか?いずれにしても再び名文が読めて嬉しい限りです。
Posted by coldgin at 2007年03月25日 03:05
ご無沙汰しておりました。
まー色々ありますが、いつもRUSHがそこにある生活は崩れていません^^;

新譜を引き金に綴っていきます。

コメントありがとうございます。
Posted by snowdog at 2007年04月30日 09:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36069872
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。