2007年05月05日

The Main Monkey Business

丸焼きしたSnakes&Arrowsを携帯電話に突っ込んで移動しながら聴いています。

これほどまで貪欲に「聴きたい」「聴き込みたい」と思ったアルバムはかつてあったかなぁ。
(RUSH以外も含めて、しかし---RUSHだから---は否定できない。)

いかがわしい業(猿業?)と冠されたこの曲を聴いているとRUSHが何を刻もうとしてるのか最早到底考え及ばない。唯、そのスケールと純粋さとヘンテコさに圧倒されるのみだ。

ジプシーソングのような無国籍な調べはRUSHならではの不思議な聞き覚えを錯覚させてくれる。

(HOPE,The Main Monkey Business,We Hold On はかなり意図的にジプシーフレーバーを含ませていると思う。あと、Far Cryのイントロパターンも香るなぁ、私的に・・・そして、今打って気がついた。この4曲が聴き始めた現在のお気に入りであることを。)

Alexの百色ギターがVTからの発展的アプローチで気持ちいい。全体がギター的に凝った造りであるのは事実なのだけど、ここまで惜しげもなく繰り出されると、別のギタリストかとさえ思う。

アルバムの曲によってギターのアンサンブルタッチが違うのは大好きなのだけど、RUSHの歴史では珍しい(というより初めて?異色を放つと言う意味ではT4EのRegistなど散見できなくもないけれど・・・)。

Snakes&Arrows の彩色について思うとき、
「弾けるAlex」を特筆しないわけにはいられない。
posted by snowdog at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Snakes&Arrows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40859308
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。