2007年05月08日

Armor And Sword

Far Cry が余りにも強烈なので2曲目から聴くようにしてみた・・・。

しかし、アルバムタイトルを牽引するだけあってArmor And Sword も強烈。

ライブでは是非!据え置きアコースティックギター使って再現してほしいな・・・導入Aメロ。ギターとベースのユニゾンアルペジオがもの凄くカッコいい!
そしてそのままGeddyの歌が乗っちゃうRUSHアンサンブル最高!


メロディとギターがいいですね。どの曲も・・・

この曲を聴いているとUKロックの色合いが濃い気がする(ウェットン、ホールズワースのUKじゃなくて)。
ヨーロッパ全体のロックには疎いけど何かそんな気がする。

ギターのオーバーダブが強烈なせいだろうけど、湿り気といい、バランスといいSlang時代のLepsのアプローチを彷彿させる。
(そう言えば、偶然にもジャケットに仏様がいたな・・・)

軟質な金物について過日書きましたけど、イントロに使われるスウィッシュシンバルのカラーもいつもと違っていい感じです。バスドラの「ストロド(擬音です)」と絡まって小節を力強く牽引して・・・
posted by snowdog at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41152958
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。