2005年08月31日

Geddyによるプロデュース

音の分離で思い出した。
Different Stages/Live の音像処理が凄いんだった。


生々しいライブアルバムと言えば最新作のRush in Rioが涙無くしては聴けないリアルさで迫ってくる名盤なわけですが・・・

それに先駆けるDifferent Stages/Live の出来栄えも素晴らしいのであります。本作はそれまでのライブ盤とは異なり、1ライブをオープニングから再現したような造りになっています。(Test For Echoツアーをベースに一部Counterpartsツアーの音源が混ざっていたように記憶してます。)過去のライブアルバムとの曲かぶり配慮をかなぐり捨てて、今(当時)のRUSHを存分に楽しんでくれー!というコンセプトなわけです。オマケに昔の音源まで1CD使ってカップリングしてくれているという感激な1枚(正確には3枚)であります。

当時、RUSHが音楽活動を休止するにあたりファンへのプレゼント的な意味もあったと思うのですが、そういう心意気が感じられる熱いアルバムなのです。

そして更に熱いのは、このアルバムのプロデュースにGeddy Leeの名前がクレジットされているのですが・・・Geddy師匠やってくれてます。
ヘッドフォンで聴くと明らかなのですが、ベースとギターの音像を実際の二人の立ち位置に合わせて左右に振っているのです!(レトロな感じと言えばレトロな音像処理であるのですが)ベタなステレオ処理を逆手に取った「3人でライブやってるぞ!」を頭の中で映像化するための強烈な仕掛であるわけです。

気付いたときはぶっ飛びました。この「3人振り」なトラック処理、結構はまりますよ。ヘッドフォンまたは大音量でお試し下さい。

個人的には、Disc2 1曲目のTest For Echo がカッコ良過ぎで大好きであります。
posted by snowdog at 18:25| Comment(2) | TrackBack(1) | Different Stages/Live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
するどい探求と研究には恐れ入ります。
いつも参考にさせてもらっています。
RUSH好きにはたまらない情報源です。
これからもがんばってください。
Posted by taha at 2006年01月02日 23:41
tahaさん、TB&コメントありがとうございます!

これからもRUSHに偏った(もとい!)拘ったブログを死ぬまで続ける所存です!
いや多分、死ぬまでに語り尽くせない、と^^。
がんばります。(というかナチュラル・ハイに近いです、やってて)

ブログ拝見しました。私的な心の名盤が綺麗に掲載されていて和みました。
あれでしょ…これでしょ…
(猛攻盤以外は内緒にしておこう。しかし、TOTOの「Hydra」は黙っていられません!名盤です!)

リンク貼らせていただきました!
Posted by snowdog at 2006年01月03日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6416405
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

Rush / Different Stages: Live  [1998]
Excerpt: <b>カナディアンハードの雄 :<font color="#FF0000">RUSH</font></b>結成25周年を記念してかどうかは知りませんが、総決算的意味合いを持った内容でございます。4回目のLIVE盤であり、きっちりとスタジオ盤4作品の次にLIVE盤というペー..
Weblog: RockだっPon!!
Tracked: 2006-01-02 23:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。